組合長挨拶

平素より、種子屋久農業協同組合をご利用いただきまして厚く御礼申し上げます。JA種子屋久は、平成18年4月に3JA(西之表市、鹿児島くまげ、屋久島)が合併し誕生しました。

亜熱帯性の温暖な気象条件のもと平坦部の種子島地区、世界自然遺産の屋久島地区という他に類を見ない地域の特性を生かして、農業振興と地域社会づくりに努力しています。

このたびは、JA種子屋久のホームページにアクセスしていただき、心から感謝申し上げます。常に情報・内容の充実を心掛けて参りたいと考えておりますのでよろしくお願い申し上げます。合わせて、ご意見ご要望がございましたら是非お聞かせください。

今後とも、組合員・地域住民の信頼と負託に応えられる地域密着型の組織・事業体を目指すべく、「担い手づくり・仲間づくり・人づくり」を基本に役職員一体となり取組みを進めて参りますので、より一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

種子屋久農業協同組合 ( JA種子屋久 ) について

JA種子屋久は平成18年4月、熊毛地区の3JA(JA西之表市、JA鹿児島くまげ、JA屋久島)が合併して誕生しました。

種子屋久地方は鹿児島県の南に位置し、我が国最大のロケット発射場がある、宇宙に一番近い島「種子島」と、九州最高峰の宮之浦岳が雄大にそびえる世界自然遺産の島「屋久島」、および口永良部島を主な区域とし、温暖な亜熱帯性の気候条件を生かした早期米・かんしょ・さとうきび・ばれいしょ・豆類・柑橘類の栽培が盛んな地域です。

JA種子屋久では、光センサーを使ったみかんの選果や、エコ認証米、冷凍焼き芋(安納芋・紫芋)等、多様化する消費者ニーズに対応した、安心・安全な農産物づくりに生産者と一丸となって努め、組合員・地域住民に親しまれ信頼される地域密着型のJAをめざしています。
(写真:かごしまブランド産地に指定されている、種子島のレザーリーフファンと屋久島たんかん)

名称 種子屋久農業協同組合 (JA種子屋久)
本所所在地 〒891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5281番地
TEL(0997)27-1211
設立 2006年 (平成18年) 4月1日
地区範囲 1市3町 (西之表市・中種子町・南種子町・屋久島町)
代表者 代表理事組合長 鮫島忠雄
総代数 498人
組合員数 9,048人 正組合員 4,640人、准組合員 4,408人 (2016年3月末現在)
役員数 16人 理事 12人 (うち常勤3人)、監事 4人 (うち員外監事1人) (2016年7月末現在)
職員数 399人
参事 1人、一般職員 176人、臨時職員 186人、パート・嘱託職員36人
(2016年3月末現在)

種子屋久農業協同組合設立までのあゆみ

 2003/04/02 第1回合併推進協議会(発会式)
・ 推進協議会の発足(規約・予算・役員選任等の承認)
 2005/11/29 第7回合併推進協議会
・ 合併の基本事項等について
・ 設立委員会規程及び臨時総(代)会付議事項等について
 2005/11/14 集落座談会開催(各3JA)
・ 合併予備契約締結前の、組合員の意見・要望等の聞き取り
 2005/12/05 合併予備契約の締結
・ 新JAを設立するにあたっての予備契約の締結
 2005/12/12 集落座談会開催(各3JA)
・ 合併予備契約締結後の、新JAの枠組み・合併経営計画等に対する組合員の意見・要望の聞き取り
 2005/12/23 合併臨時総(代)会
・ 3JAごとに開催(合併承認、合併予備契約書の承認、合併経営計画の承認、設立委員の選任等)
 2006/ 03/29 第1〜第6回設立委員会
・ 正・副班長の互選及び今後のスケジュール等について
・ 合併初年度役員選任手続及び組織機構等について
・ 関係諸規程(各事業、管理部門関係)の制定等について
・ 合併初年度役員の選任及び本所機構図と要因体制について
・ 仮理事会、仮監事会及び関係諸規程の制定等について
・ 平成18年度事業計画及び関係諸規程の制定等について
 2006/04/01 種子屋久農業協同組合発足
・ 開業式、辞令交付他